痛みはありませんか?

ほとんどの方に痛みはありませんが、場合によっては痛みが出ることがあります。(むし歯や歯の先端がすり減っている歯や、エナメル質が薄い下の前歯など)その場合、鎮痛剤を処方することもあります。

2014年8月14日

メンテナンスはどうすればいいですか?

歯が汚れてくるのでクリーニングやホワイトニングで汚れを落とす必要があります。歯は皮膚と同じで年とともにつやもなくなり、くすんできます。ですから今のつやと白さを保つためにも、定期的なお手入れをして下さい。

2014年8月14日

色の後戻りはありますか?

表面を覆っている強化カルシウムが保護しているので、着色汚れは付きにくく、元の色に戻ることはありません。しかし茶渋などの着色汚れで色が悪くなることはあります。

2014年8月14日

体に悪影響はありますか?

漂白後は歯の上にのせてある薬をふきとるので、体内に流れる心配はありません。万が一飲み込んでしまっても、自然に体外に排泄されますし、基本的な成分はカルシウムですので安全です。

2014年8月14日

歯に悪くないですか?

一般の漂白薬は、歯の表面をざらついたスリガラス状にするため、歯の表面に汚れがつきやすくなり、すくなからずダメージを受けます。しかしFAPホワイトニングはむし歯予防効果のある強化カルシウムを使って歯の表面を強く、白くします。

2014年8月14日